gv-logo

春高2024

マシンガンズの西堀亮さん あきらめずタネをまき続ければいつか花開く。~わたしとバレーの話スピンオフ後編~

  • V1
  • 2023.08.03

実は中学、高校とバレーボール部で汗を流した西堀亮さん(マシンガンズ)

 

 バレーボールと縁のある方に「あなたにとってバレーボールとは」というテーマでお話を伺う月刊バレーボールの人気連載「わたしとバレーの話」。

 

 今回はWeb版の特別編。本誌とはテーマを変えて「バレーボールで培った経験が今にどのように生かされているのか」を伺ったマシンガンズの西堀亮さんの後編です。

 

 

――バレーボールでの学びを生かしていることはありますか?

 

西堀 バレーボールは調子のいい選手にトスを集めるじゃないですか。それと一緒で、必ずしも自分が調子よくなくても、相棒もいることだし助け合う。僕がダメでも相方の滝沢(秀一)くんがいいときもあるし、2人という小さい中でも、チームワークを生かすというのはバレーボールが影響しているかもしれないですね。

 

 今回「THE SECOND」でも相方の滝沢君、ずっと声の調子が悪かったんですよ。カバーするというのとはちょっと違うけど、僕らの仕事では、調子悪い人がいたら“調子悪いね”と言えるのはいいと思うんですよね。そこも武器になったりする。「今日、何言っているかわからないですよね」(笑) とか。わりと、マイナスを生かせる仕事なのかもしれません。

 

 もう一つ、バレーボールも同様だと思うのですが、経験値という点は芸人も一緒だと思います。慣れていくと、いろんなパターンを経験するじゃないですか。20年以上やっていると新規の会場へ行っても「似たような会場でやったことあるな」と、落ち着いて対応できる。

 

 バレーボールも、ベテランのほうが対応力がある、というのは経験値の差かもしれません。いろんなものを見て経験してきているので、“若いだけが最高なんじゃないぞ”って、本当にそう思います。

 

 例えば、「THE SECOND」でも漫才を終えた直後に、ダウンタウンの松本人志さん(大会アンバサダー)に名前を間違えられたんですけど、それも最後までネタにしました。これ、僕らが年を取っているからですよね。若いときはできなかったですもん、ガチガチに緊張しちゃって。そういう意味では、経験値がちょっとだけ上がったのかもしれないですよね。

 

【次ページ】負けそうなターンで、次のためのトライをしておく

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn