gv-logo

春高2024

インターハイ王者駿台学園が中心の東京、埼玉が代表権獲得【特別国体関東ブロック大会(男子)】

  • 学生バレー
  • 2023.08.26

 

特別国民体育大会関東ブロック大会(少年男子)は8月25日(金)に大会1日目を迎え、深谷ビッグタートル(埼玉)でダブルエリミネーション方式による代表決定戦を行った。東京都、埼玉県の各代表が、10月8日(日)〜11日(水)に西原商会アリーナ(鹿児島アリーナ/鹿児島)ほかで開催される本戦出場権を獲得した

 

 

東京都代表

 

 インターハイを制した駿台学園高中心の東京都代表は、千葉県代表、神奈川県代表をともにストレートで下し、本戦出場を決めた。

 先の優勝メンバーを軸に、今夏のインターハイに初出場した日本学園高のエース藤嶋柊太、2年連続で東京都代表のメンバー入りした安田学園高のセッター原龍ノ介もコートへ。ここまで4日しかチームとして活動できていなかったが、連携を確かめながら戦い抜いた。駿台学園高の選手たちが目指す「全国三冠」の二つ目のタイトルへ、まずはその挑戦権を得た。

 

 インターハイベスト16の正智深谷高(埼玉)中心の埼玉県代表は、昌平高からエース鈴木美煌、身長191㎝の吉田渓佑らが加わりパワーアップ。セッター近藤竜成がコンビを組み立て、最高到達点347㎝のエース白野大稀キャプテンらが高い攻撃力を発揮し、群馬県代表、栃木県代表戦ともに2-0で勝利した。

 

 

埼玉県代表

 

 26日(土)は神奈川県代表と茨城県代表、千葉県代表と栃木県代表が、残り2枠の出場権を懸けて戦う。

 

25日の試合結果

第1試合

★東京(駿台学園高、日本学園高、安田学園高) 2(25-19,27-25)0 千葉(習志野高)

 

栃木(足利大附高、宇都宮清陵高、文星芸大附高) 2(26-24,21-25,25-21)1 茨城(土浦日大高)

 

第2試合

神奈川(川崎橘高、東海大付相模高) 2(25-19,25-17)0 山梨(日本航空高、駿台甲府高、日川高)

 

★埼玉(正智深谷高、昌平高) 2(25-18,25-11)0 群馬(前橋商高、桐生市商高、高崎高、明和県央高)

 

第3試合

千葉 2(25-15,25-22)0 山梨

 

茨城 2(28-26,25-15)0 群馬

 

第4試合

★東京 2(25-10,25-19)0 神奈川

 

★埼玉 2(25-22,25-16)0 栃木

 

※都県名のあとの()が構成する学校名。が代表権を獲得

 

文・写真/田中風太

 

 

【関連記事】

【いちご一会とちぎ国体】鎮西高単独の熊本県が優勝 大会最終日(10/10)の少年男女試合結果

 

駿台学園が7年ぶり2度目の栄冠 インターハイ男子最終順位と個人賞、全試合結果一覧

 

駿台学園が東山にストレートで勝利 失セット0で完全優勝 【北海道インターハイ2023男子】

 

中央大&明治大の指揮官が見た駿台学園高「大学生と同じバレーをしている」「さすが高校トップのチーム」【バレーボール東京エキシビションマッチ2023】

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn