gv-logo

春高2024

旭川実を下して下北沢成徳が三冠に王手【春高2024】

  • 学生バレー
  • 2024.01.07

下北沢成徳(東京)【写真:月刊バレーボール】

 

 1月7日(日)女子準決勝の第2試合では、三冠を狙う下北沢成徳(東京)と、U19女子日本代表の笠井季璃を擁する旭川実(北海道)が対戦。

 

 旭川実の大庭愛海里のサービスエースで始まった第1セット、序盤は一進一退の攻防。下北沢成徳が、後藤ビビアン愛音のブロックと柳千嘉のスパイクで先行すると、旭川実は大庭のスパイクと堀田柚音のサービスエースで8-8の同点に追いつく。サイドアウトを取り合いながら中盤へ進むと、後藤がブロックポイントを決めた下北沢成徳が流れをつかんだ。小山明のツーアタックや、イエーモンミャのフェイントなど、多彩な攻撃でリードを広げてセットを先取。

 勢いに乗った下北沢成徳は、第2セットは序盤からゲームを優位に進める。終始、旭川実の反撃を許さずにセットを連取した。

 

 迎えた第3セットも下北沢成徳が優位な展開となるが、後のない旭川実が谷星奈、笠井の連続ブロックポイントで14-14に追いつく。旭川実は笠井にボールを集めて得点を重ね、互角の戦いで試合はジュースにもつれ込んだ。しかし、旭川実の粘りもここまで。下北沢成徳がマッチポイントを迎えると、最後は笠井のバックアタックがネットを越えず、ストレートで勝利し決勝進出を決めた。

 

下北沢成徳(東京) 3(25-18,25-14,26-24)0 旭川実(北海道)

  

【関連記事】

■三冠目指す下北沢成徳や就実などがベスト4に進出 女子大会3日目(1/6)の3回戦、準々決勝合計12試合の結果【春高2024】【春高2024】

■前回大会優勝の古川学園などが3回戦へ 女子大会2日目(1/5)の2回戦全16試合の結果【春高2024】

■二冠女王・下北沢成徳が郡山女大附をストレートで下す【春高2024】

■国体準優勝の金蘭会などが2回戦へ 女子大会初日(1/4)の1回戦全20試合の結果【春高2024】

■【春高2024特設サイトトップページ】

 

【次ページ】下北沢成徳(東京)vs.旭川実(北海道)その他の写真

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn