gv-logo

春高2024

大会連覇に挑む駿台学園が昇陽を下して決勝へ【春高2024】

  • 高校生
  • 2024.01.07

駿台学園(東京)【写真:月刊バレーボール】

 

 大会連覇を狙う駿台学園(東京)と、初のベスト4進出を果たした昇陽(大阪)が対戦。

 昇陽のサーブから始まった試合は第1セット、三宅雄大のスパイクで8-7となり駿台学園のリードで最初のテクニカルタイムアウト。そこから亀岡聖成、三宅(雄)のスパイクなどで連続得点を奪いリードを広げた駿台学園が、試合を優位に進めてそのままセットを先取した。

 

 第2セットも序盤は、互いに譲らずサイドアウトを取り合う展開。10-10から駿台学園が荒井貴穂のスパイクや亀岡のサービスエースなどの連続ポイントで一歩抜け出すと、昇陽も譲らず仲村正也のスパイクで14-15と1点差まで詰め寄る。しかし、駿台学園が三宅(雄)のスパイクなどの連続得点で引き離してセットを連取した。

 

 迎えた第3セットは、後のない昇陽は9-9から大鍋勇馬のクイックとサービスエースの連続得点で先行。駿台学園が荒井、三宅(雄)のスパイクで連続得点を奪い14-13と逆転すると、昇陽はすぐに小山海皇のスパイクで同点とし、そこからはサイドアウトを取り合い終盤へ。しかし、17-17から駿台学園が秋本悠月のクイックで抜け出すと、じわじわとリードを広げる。粘り強い守備から得点を重ねた駿台学園が、食い下がる昇陽を引き離して決勝進出を決めた。

 2回目の出場にして初めてセンターコートでの試合に臨んだ昇陽だったが、前回王者の壁は厚く、決勝進出の夢を叶えることはできなかった。

 

駿台学園(東京) 3(25-14,25-18,25-18)0 昇陽(大阪)

 

■連覇を狙う駿台学園、前回準優勝の鎮西などが準決勝へ 男子大会3日目(1/6)の3回戦と準々決勝の全12試合結果【春高2024】

■駿台学園が高川学園との激戦を制して準々決勝へ【春高2024】

■昨年王者駿台学園や鎮西などがベスト16に進出 男子大会2日目(1/5)の2回戦全16試合の結果【春高2024】

■日本航空が劇的大逆転で川内商工を下して2回戦突破【春高2024】

■【春高2024特設サイトトップページ】

 

【次ページ】駿台学園(東京)vs.昇陽(大阪)その他の写真

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn