gv-logo

日本代表応援サイト

近県交流大会で関東の小学生上位チームが激突 男子、混合は東京がV

  • 学生バレー
  • 2024.04.16

2024東京都小学生連盟近県交流大会が3月24日(日)に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場(東京)で行われた。新たなシーズンを前に関東の上位チームが集結し、男女、混合の頂点を争った

※学年は当時

 

男子優勝の調布大塚クラブ。左から2番目が高井キャプテン

 

 

【フォトギャラリー】2024東京都小学生連盟近県交流大会その他の写真

 

■男子

失セット0

調布大塚クラブ(東京)が制す

 

 頂点に立ちながらも、調布大塚のエース高井朔キャプテン(5年)の表情は晴れなかった。318日に行われたミカサ杯第42回都小学生教育大会ではベスト4。超えないといけない壁の高さを知っているからだ。

「今大会はもったいないミスが多かったです。東京都はレベルが高いので、1試合、1試合集中してやっていかないと勝てません」

 

 トーナメントを1位通過し、迎えたリーグ1位の関城TEPPENバレーボールスポーツ少年団(茨城)との優勝決定戦。第1セットは9-14とリードされたものの、高井の3本のサービスエースを含む12連続得点でひっくり返した。第2セットは高井のブロック、波田野力都(4年)の連続エースなどで中盤からリードを許さず。だが、高井は浮かれることなく「夏は東京都で優勝することを目標に、しっかり練習していきたいです」と意気込んだ。

 

 昨秋は関東大学リーグを観戦。高井は早稲田大のキャプテンとして活躍していた水町泰杜(WD名古屋/トヨタ自動車)のプレーを目に焼きつけた。憧れの存在を「超えられるように頑張りたい」と意気込むエースが、全国大会への扉を開く。

 

 

試合結果(参加7チーム)※試合結果のチーム名は短縮(以下、同)

1位 調布大塚クラブ(トーナメント1位)

2位 TEPPEN(リーグ1位)

 

トーナメント

2位 佐原クラブ(千葉)

3位 藤岡EAST(群馬)

4位 安塚クラブ(栃木)

 

リーグ

2位 大里エンゼルス(山梨)

3位 マルガリータ(埼玉)

※男子は奇数チームが参加したため、リーグとトーナメントにわかれて試合。それぞれの1位どうしが頂点を懸けて戦った

 

 

■女子

拾ってつないだ

あみ桜輝(茨城)が優勝

 

 全員でボールをつなぎ、頼れるエース清水楓(5年)が決める。チームスタイルを貫いたあみ桜輝が、優勝に輝いた。

 

 決勝までは2セットマッチで、ジュースは行われなかった今大会。ジュニア深谷ガールズ(埼玉)との1回戦は、第1セットを13-21で落としたが、第2セットは21-131-1の引き分けに。「1-1の場合は得失点、同じ場合は2セット目を取ったチームを勝ちとする」という特別ルールで勝ち上がると、そこから落ち着いた戦いを見せた。準決勝の大里スポーツ少年団エンゼルス(山梨)戦、決勝の鷹番JVC(東京)戦ともに第2セットは「21-8」と圧倒。ストレートで連勝した。

 

 身長153㎝ながらパワフルなスパイクを連発した清水は、「最後の試合だけよくて、それまでの試合はミスをしたり、拾われてよくなかった」と反省。6年生となる新年度に向けて、「みんなで全国大会に行きたい。拾ってくれたボールをミスなく決めたいです」とさらなる成長を誓った。

 

パワフルなスパイクが光った清水

 

 

試合結果(参加8チーム)

1位 あみ桜輝

2位 鷹番JVC

3位 大里エンゼルス、萱田ジュニア(千葉)

5位 ジュニア深谷、渋川クラウドナイン(群馬)

7位 横須賀Rise(神奈川)、瑞穂野ユナイテッド(栃木)

 

 

■混合

瑞光バレーボールクラブ(東京)が

都大会に続いてV

 

 優勝の瞬間はクールな表情だったが、エース橋本知学(5年)の胸の内は違った。

「ここまでできると思っていなかったので。優勝することができてすごくうれしいです」

 前週に行われたミカサ杯第42回都小学生教育大会に続き、タイトルを手にした。

 

 ともに失セット0で勝ち上がったあげおスターズ(埼玉)との決勝。第1セットは21-12で奪ったが、第2セットは16-18と終盤まで追う展開に。だが、橋本の「人がいないコースを狙って打つ」と日々意識するスパイクが光る。チーム最長身160㎝の高さを生かして得点を重ね、相手のミスも含む5連続得点で逆転した。

 

 小学4年生からバレーを始め、昨年のパリ五輪予選/ワールドカップバレーでは男子日本代表のプレーに熱視線。特に石川祐希(ミラノ〔イタリア〕)のプレーを参考に、「サーブが強い。スパイクではブロックアウトを決めていて、自分も考えて打てるようにしたいです」と向上心も高い。憧れのエースのような存在感で、勢いに乗るチームを全国の舞台に連れていく。

 

エースとして高い得点力を発揮した橋本

 

 

試合結果(参加8チーム)

1位 瑞光VC

2位 あげおスターズ

3位 印旛ヴィクトリー(千葉)、陽東シリウス(栃木)

5位 一ノ宮VBC(群馬)、佐竹スポーツ少年団(茨城)

7位 石和スポーツ少年団(山梨)、室田ジュニア(神奈川)

 

 

発売中の月刊バレーボール5月号の小学生の話題では、今大会に出場したチームの歩みをピックアップ。ご購入はこちら

 

小学生24チームが“憧れの”東京体育館でプレー 東京杉一クラブが「みんな1番大会」を開催

バレーボールを始める適正年齢は? 東京GB監督とパドヴァの育成コーチが語る若年層への指導論

声出し応援解禁が生んだ「最高の」64分。全日本小学生大会でIZULUと立会V・B・Cが熱戦

 

【フォトギャラリー】2024東京都小学生連盟近県交流大会その他の写真

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn