gv-logo

石川祐希スペシャルインタビュー

  • 男子日本代表
  • 2018.07.05
――ケガの状況も万全ではない中でのスタートとなりました 去年は世界バレーの予選がいちばんのメインで、そこに自分のパフォーマンスのベストを持っていけたのでよかったと思います。今年も同じで、世界バレーにベストを持っていくためにやるべきことは、チームとしても、個々としてもあると思うので、それを強化していければいいのかなと思います。 やっと日本に帰ってきたので、しっかりスタートできればな、と思っています。チームに合流するのも、海外に行っていた古賀(太一郎)さんや大竹(壱青)を除けば、みんなはもっと前から始めていました。その中にうまく入れれば、と思っています。   ――その中に入る不安はありますか? コミュニケーションの部分だけ、しっかり自分からとれていれば、問題ない。遅れて合流しているので、その前の期間を取り戻すくらい、スタッフやチームメイトに自分からアクションを起こしていければその差は縮まってくると思います。なるべく早くその差は縮めて、いかにチームに馴染んでいけるかが大事だと思います。   ――代表5年目だからこそ、できること、やりたいこととは? 1年目の選手もいるので、そういう選手にいかにしっかりプレーしてもらえるかを考えることもそうですし、代表のサイクルがわかってきたので、自分自身、伝えることや意識してやることが必要かなと思います。   ――その中で、石川選手だからできることは? 今までは年上の人が多くて、自分が下でした。まだ自分は年齢が下の部類には入ると思いますが、変わらずコミュニケーションだけは取れればいいかな、と思います。自分のポジションはボールが集まるところなので、そういうところでしっかりプレーをして、引っ張っていくというより…、そういうニュアンスは難しいですね。何といえばいいのか(笑) 海外に対して対応していければいいのかな、と思います。   ――引っ張るというのとは、どこか違うのでしょうか 難しいですね。言葉のチョイスが。大きく言えば引っ張っていくつもりでやっていければいいのかなと思います。   ――以前、ラティーナ(セリエA)での経験も生きてくるとおっしゃっていました チームとしては、2シーズン所属してチームメイトもあまり変わらないので、そういうことよりは、個人としてずっと海外で戦ってきたので、慣れ、海外に対して対応はできると思います。  
  • インターハイ2021

pagetopbtn