gv-logo

アシックスV-Swift

WC2019男子/第7日目 結果

  • 全日本男子
  • 2019.10.11

 ワールドカップバレー2019男子大会、10月10日(木)の試合結果。日本がロシアに勝利した一方で、Bサイトではブラジルとアメリカが激闘を繰り広げた(写真:FIVB)

【Aサイト】ポーランド 〇3(25-19,25-18,25-16)0● エジプト

 ポーランドはカロル・クウォスが4本のブロックポイント、アルトゥル・シャルプクがチーム最多15得点をあげて完勝。

ポーランドのクウォスがクイックを決める

【Aサイト】イタリア 〇3(30-28,25-13,25-22)● オーストラリア

 第1セットをジュースの末に制したイタリアが押し切りストレート勝利。ガブリエレ・ネッリが両チーム通じて最多20得点をあげた。

得点源として活躍を見せるネッリ

【Aサイト】日本 〇3(25-22,21-25,25-22,25-16)1● ロシア

 第1セット開始早々はロシアが連続得点をあげたが、日本は西田有志のサーブのほか積極的に攻撃を展開。第2セットこそ奪われたが、流れをつかんだまま日本が勝ち切ってみせた。西田がチーム最多22得点をマークした。

サーブにスパイクと活躍を見せた西田

【Bサイト】アルゼンチン 〇3(25-16,25-22,25-20) カナダ

 アルゼンチンはブルーノ・リマが14得点、対するカナダはスティーブン・マーが15得点と、両チームともポイントゲッターが牽引。アルゼンチンがストレートで勝利を収めた。

バボちゃんとたわむれるアルゼンチンの選手たち

【Bサイト】イラン 〇3(26-24,25-17,25-22)● チュニジア

 イランは若手世代が躍動。21歳のアリアスガル・モジャラドが6本のブロックポイントをあげたほか、アミルホセイン・エスファンディアルが17得点、ポリヤ・アリが15得点と活躍し勝利した。

次世代の選手たちが躍動するイラン

【Bサイト】ブラジル 〇3(25-23,25-22,25-17)0● アメリカ

 メダル争いに大きく影響する一戦はブラジルが、アメリカにストレート勝ち。ルーカス・サートカンプを中心に計8本のブロックポイントをあげ、攻めてはアラン・ソウザが16得点、イオアンディ・レアルが15得点をマークした。

世界のトップチームが激突した

***第7日目終了時点順位表***

1位:ブラジル 7勝0敗(勝ち点21)

2位:ポーランド 6勝1敗(勝ち点18)

3位:アメリカ 5勝2敗(勝ち点16)

位:日本 5勝2敗(勝ち点15)

5位:イタリア 4勝3敗(勝ち点11)

6位:イラン 3勝4敗(勝ち点9)

7位:アルゼンチン 3勝4敗(勝ち点9)

8位:ロシア 3勝4敗(勝ち点9)

9位:カナダ 3勝4敗(勝ち点8)

10位:エジプト 2勝5敗(勝ち点7)

11位:オーストラリア 1勝6敗(勝ち点2)

12位:チュニジア 0勝7敗(勝ち点1)

 

熱戦が繰り広げられているワールドカップバレー2019。世界に挑む日本代表を応援する一冊『スペシャルサポーターズブック RED RISE』好評発売中!!

お求めはコチラ


  • デサントプレゼントキャンペーンFW
  • macdavid
  • 全国専門学校選手権2019

pagetopbtn