gv-logo

月バレで振り返る 東日本大震災後のバレーボール選手たちの祈り【2】

  • V1
  • 2021.03.11

 

精神的に弱ってくる時に大きな力を与えるのがスポーツ

福澤達哉(パナソニックパンサーズ)

 

 「3月11日、体育館にいたのですが、テレビを見て広がった光景にただただ驚きました。どんどん被害が大きくなっていく中で、少しでも多くの人が助かることを祈りながら、救援物資が少しでも多く現地の人に届いたらいいなという思いが強くありました。今はまだ、見つかっていらっしゃらない方もたくさんいらっしゃいますし、段階的に復興というよりも救済、いかに現地の人を手助けするかというのが一番だと思います。

 

 (山本)隆弘さんの取り組みに自分も賛同してやらせていただいたのですが、プロ野球の開幕が決まったり、サッカーのチャリティーマッチがあったり、徐々にスポーツ界が動いてきています。これから被災者の方々や日本全体が精神的に弱ってくる時に、一番大きな力を与えるのがスポーツだと思います。プレーでみんなを勇気づけたり、あきらめない心で希望を与えることができる。これからが自分たちの動きだす番だと思っています。

 

 まずは、直近で黒鷲旗が予定されているので、そこで少しでも多くの人に、自分たちのプレーする姿というのを見てもらったり、伝えてもらったりしていくことによって、『勇気をもらいました』という声が一つでも多く上がればいいと思いながら、練習をしています。

 

 バレーでしか表現できないことを、チームとしても個人としても発信していくことが大事だと思います。自分にできることは少しかもしれないですが、とにかく一生懸命のプレーを見ていただけるように頑張ります」

 

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn