gv-logo

月バレで振り返る 東日本大震災後のバレーボール選手たちの祈り【1】

  • V1
  • 2021.03.11

 2011年3月11日に発生した東日本大震災。被害に遭われた方に向けて当時の月刊バレーボールでは、国内外問わず多くのバレーボール選手からメッセージをいただき、掲載しました。その一部をウェブに掲載いたします。当時を振り返りながら、今の自分たちに何ができるのか、考える時間となれば幸いです。(所属は2011年当時のまま・文章については一部省略、また表現を改変しています)

 

【写真】国内外のバレーボール選手から集まったメッセージ

 

一日も早い復興を僕らは祈っていきます

石島雄介(堺ブレイザーズ)

 

「当日は、試合の前日ということで、広島の呉にいました。知人も、仙台や東北地方に住んでいる方は多かったですし、実家も埼玉で揺れがすごかったらしく、電話もつながらなかったのでとても心配しました。

 

 僕のプレースタイル、ブレイザーズのプレースタイルは、気持ちを前面に出して、ファンの皆さんと一緒になって戦うというもの。それを通していろいろな人にいい影響を与えられればいいと思います。なかなか東北地方に行く機会はありませんが、黒鷲旗が終わって、時間があればぜひ現地へ行って、自分の目で見て、自分のできることを見つけてできたらいいと思っています。また、もしそれが難しくても、知り合いの方を通じて、自分ができることを少しでもやっていきたいと思います。

 

 直近の試合である黒鷲旗は大阪、ホーム開催なので、ブレイザーズとしていい結果を出せるようにしっかり頑張っていきたい。

 

 被災地の皆さんは、まだまだ生活することで精いっぱいの状況で、今はバレーボールを見に行ったり、プレーすることは難しいと思いますが、一日も早い復興を僕らは祈っています」

 

↓【次ページ】キムヨンギョン選手からのメッセージ↓

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn