gv-logo

Vリーガーのタテヨココネクション【NECレッドロケッツ古賀紗理那選手編】

  • V1
  • 2021.06.02
TwitterFacebookLine

 Vリーグの舞台で活躍する選手たちの先輩後輩のタテのつながりや同級生などのヨコのつながりなどを振り返っていく企画「Vリーガーのタテヨココネクション」。今回はNECレッドロケッツ古賀紗理那選手のつながりをお送りする。

 

 

 古賀は熊本県菊池郡大津町出身で小学生の頃は大津JVBCでプレーしていた。第28回全日本小学生大会にも出場しており、この時には貞包里穂(姫路)のいた久間JVC(佐賀)、1学年下の中元南(デンソー)がいたみつわ台クラブ(千葉)とも対戦している。

 

熊本大津JVBC時代に全日本小学生大会に出場している古賀

 

久間JVC時代の貞包里穂(姫路)【後列左から2番目】

 

 高校は熊本信愛女学院高(熊本)に進んだ。OGには有田沙織(元NEC→上尾)、白垣里紗(元NEC)らがいる。高校時代に対戦した選手を振り返ろう。2年時の2013北部九州インターハイでは柏井高(千葉)と対戦。ここには小学生時も対戦した中元、工藤嶺(デンソー)が在籍していた。他にも深萱知代(JT)のいた京都橘高(京都)、先日退団を発表した杉郁香(元トヨタ車体)が当時3年生だった県立岐商高(岐阜)と対戦した。

 

柏井高時代の工藤嶺(デンソー)

 

工藤と共にインターハイを戦った中元南(デンソー)

 3年時の2015年第67回春高バレー2回戦では、当時1年生の小川愛里奈(東レ)、兵頭由希(デンソー)、新井祥(群馬銀行)、万代真奈美(久光)がいた就実高(岡山)と対戦している。3回戦では白井美沙紀(東レ)、宮本菜月(アランマーレ)擁する大和南高(神奈川)と対戦した。

 

大和南高時代の白井美沙紀(東レ)

 

大和南高時代の宮本菜月(アランマーレ)

 

 高校時代にはユース日本代表にも選出されており、第9回アジアユース選手権(中国)では白井、橘井友香(JT)、髙相みなみ(PFU)らと共に戦って見事優勝を果たしている。

 

 最後は先日引退した佐藤美弥(元日立)との関係をピックアップ。誌面アンケートで「2019年上半期のビッグニュースは?」という質問に佐藤と遊びに行ったことを挙げたり、その際の写真をSNSで投稿するなど、好きな先輩の一人だった様子。過去の日本代表合宿では同部屋だったことも。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

koga sarina(@sarina.koga)がシェアした投稿

 

 幼いころから全国大会で活躍した古賀のつながりは多岐に渡る。それでもここで紹介した関係性はごく一部。他にもつながりがないか探してみよう。

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn