gv-logo

V3降格を転機に。長野GaRonsは、あきらめない

  • V2・V3
  • 2022.02.16

<試合中も笑顔で、ムードよく戦う選手たち>

 

選手たちが主体となってチームを高める、意識の変革

 

 意識の変化が形に現れたのが、まず練習量の差。以前は週3日だったのが、週6日に増えた。それも、選手たちが自発的に起こしたアクションだ。

 

 また、「強化方針も含めて、選手たちが決めて実行に移す体制にしています。監督・コーチ陣からの“トップダウン”ではなく、選手たちが主体となる“ボトムアップ”を重視する。それは彼らに自覚を生んだと思います」と篠崎監督は成長を実感する。

 

 今季はコロナ禍を受けて、入団してまもない選手たちがコートに立たざるをえない場面も多い。けれども、年齢差がさほど大きくないことがチーム内のコミュニケーションの活性化につながっている。

 

 入団1年目ながら現在、ゲームキャプテンを託されている福池凌太は、2月13日(日)のトヨタモビリティ東京スパークル戦を引き合いに、このように話す。

 

 「(セットカウント2-1からの)第4セット序盤で相手にリードを許してしまったのですが、自分たちの雰囲気がとても悪かった。それは個々の意識の高さゆえ、でした。『もっともっとこうしないといけない』という発言ばかりで、視野が狭くなっていたんです。なので、『ふつうに自分たちのバレーボールをしよう』と。点が決まったら喜ぶ、楽しんでプレーしよう。そうすることで次第に雰囲気も明るくなって、勝ちにつなげることができました」

 

<入団1年目の④福池は「リーグ得点王を目指しています」と頼もしい>

 

 今、チームが目指すは入れ替え戦に進み、V2昇格を果たすこと。昨季は内定選手としてV2のコートに立った福池も言葉に力を込める。

 

 「V3に落ちたことは悲しかったです。ですが、昨年の春先からは“どうすれば昇格できるか”だけを意識して、練習に励んできました。出だしはつまずいた部分もありましたが、ここからしっかりと駆け上がってみせます」

 

 機運の高まりも、その裏返しの失望も味わった。それでも、

 

 「たとえ見ているお客さん全員があきらめたとしても、コートに立つ選手は最後までボールを追い続けるのが、バレーボールなので。選手たちには『あきらめないこと』を常に伝えていますし、その姿を常にお見せしたいです」

 

 と篠崎監督。

 

 ここから再び、竜は立ち昇る。長野GaRonsは、あきらめない。

 

(文・写真/坂口功将〔編集部〕)

<22-23シーズンへは、S2ライセンスが交付されている。ホームタウンでの試合が続く後半戦で勝ち星を重ねたい>

 

>>><次ページ>【ギャラリー】長野GaRons 21/22シーズン

  • インターハイ2021

pagetopbtn