gv-logo

春高2024

【プレイバック!】第3セットは43-41 歴史的な激戦を制したパナソニックが優勝 最高殊勲選手賞は福澤達哉【2011/12シーズンVリーグファイナル】

  • V1
  • 2022.04.07

 

コンディションの安定が奏功

周囲に支えられてのMVP

 

最高殊勲選手賞 福澤達哉

 

シーズンを通し、攻守両面において安定した力を発揮した福澤が、自身初のMVPに輝いた。チームとしてはもちろん、個人としても結果にこだわり、サーブ、レシーブ、スパイク、レセプション。すべてのプレーでテーマを掲げ、追求し続けた充実のシーズンを終えた。きたる世界との戦いに向けて、ワールドカップで得た課題から積極的に取り組んできたこととは何か――。激闘を演じた決勝戦とともに、日本のエースが振り返る。

 

「決勝戦はほんとうに苦しい戦いでした。自分たちの持ち味であるサイドアウト型のスタイルへ持っていくことができれば勝機はあると思っていましたが、3セット目以降は完全に東レのペースにはまってしまいました。

 

 競った場面で何度か『ここで決めれば優勝』というシーンがありましたが、そこで『自分が決めてやる』と力みが生じ、それまでは見えていたブロックが見えなくなり、視野が狭くなってしまいました。それでも最終セットに入る前、周りからも『思い切って奥へ打っていけ』と声をかけてもらい、『ここで絶対に勝たなきゃダメだ』ともう一度気持を切り替えることができたので、最後にチームの力を出し切って勝てた。いい結果を残すことができてよかったです。

 

 リーグを通してコンディションが安定していたので、自分の持ち味であるジャンプ力がシーズン通して発揮できたのが一番大きなポイントでした。以前は打点も少し前でボールを捕らえていましたが、高さを生かした打ち方をするために腕はまっすぐ伸ばした一番高いところでミートを意識しながら捕らえるようにして、ブロックアウトを取ったり、ブロックの上から打ち切るような打ち方に取り組んできました。その結果ヒットポイントも広がったし、世界の高いブロックに対しても、自分の高さを生かすにはどうすべきか、シーズンを通して取り組んだ成果は残すことができたと感じています。

 

 レセプションもフローターサーブだけではなく、ジャンプサーブも基本は得意なオーバーでさばくようにしたら、さほど崩れなくなりました。身体のバランスがよかったことも一因ですが、得意な位置で捕るよう心がけた結果だと思います。

 

 

 個人としても、周りに支えられながらMVPという栄誉ある賞をいただいて内心ホッとしていますし、自信になりました。実は今季はスパイク賞を狙っていたのですが、それは獲(と)れなかったので(笑)個人として最後に賞を獲ることができて『獲れてよかったぁ』という気持でいっぱいです(笑)」

 

【次ページ】今シーズンのファイナルの行方は

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn