gv-logo

定期購読

[イタリア21/22]準決勝R ペルージャとルーベがタイに持ち込む 決着は最終第5戦へ

  • 海外ニュース
  • 2022.04.27

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2021/22シーズンはプレーオフと5位決定プレーオフが実施中。トップ4がしのぎを削るプレーオフ準決勝ラウンドは最終第5戦までもつれ込む展開になりました

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■モデナのアブデルアジズが驚異の39得点。だが、ペルージャが計20本のブロックシャットでやり返す

 [MATCH OF THE ROUND]

《準決勝R第3戦》モデナ 3-2 ペルージャ

(24-26,22-25,25-16,31-29,15-13)

(現地4/20)

 第1、第2セットを競り合いながらも落としたモデナは、第3セットからOPニミル・アブデルアジズ(オランダ)がギア全開。セット序盤で連続サービスエースを奪うとチームも勢いを取り戻し、中盤では8連続得点と大量リードで反撃開始。続く第4セットも30点台に到達するジュースとなったが、最後はこのセットだけで3本目となるアブデルアジズのサービスエースが決まり、モデナがフルセットに持ち込む。

 

 第5セットも接戦となったが、ブレイクを重ねたモデナが勝利を収める。アブデルアジズは5本のサービスエースを含む、最多39得点の大暴れで堂々と試合のMVPに選出された。

<第5戦にむけてアブデルアジズ(奥)は「打数は関係ない、チームのために自分のベストを尽くすのみ」と意気込み>

 

◆《準決勝R第4戦》ペルージャ 3-2 モデナ

(21-25,25-17,25-16,19-25,15-12)

(現地4/24)

 決勝進出に王手をかけたモデナは勢いを象徴するかのように、第1セットの18-14からはリリーフサーバーで投入されたOHロレンツォ・サラ(イタリア)が3本連続サービスエースを奪い、そのままセットを先取する。だが、ペルージャも持ち味であるブロックシステムを機能させ、計7本のブロックポイントをマークして第2セットを奪い返す。続く第3セットも終始ペースをつかんだペルージャが獲得。それでもモデナはOPアブデルアジズ、OHイアルバン・ヌガペト(フランス)を中心に得点を重ね、最後はお返しとばかりに連続ブロックシャットを浴びせて、またしてもフルセットに持ち込む。

 

 しかし最終第5セットは12-11からOHウィルフレド・レオン(ポーランド)が2本連続でノータッチのサービスエースを決めて、ペルージャが勝ち切った。

<ペルージャ(手前)は愛称“ブロックデビルズ”の本領を発揮した>

 

*****

《準決勝R第3戦》ルーベ 3-0 トレンティーノ

(25-16,25-19,25-17)

(現地4/21)

◆《準決勝R第4戦》ルーベ 3-1 トレンティーノ

(25-19,27-29,25-22,25-22)

(現地4/24)

 2連敗を喫してあとがなくなったルーベはホームで迎えた第3戦。出だしからOPイバン・ザイツェフ(イタリア)が怒涛の得点ラッシュでチームを勢いに乗せると、第1セットは終盤で5連続得点をあげるなど大差で先取する。続く第2セットからはOHマーロン・ヤント(キューバ)も積極的に攻撃に参加し、トレンティーノを圧倒。Sルチアノ・デセッコ(アルゼンチン)がエリアを問わないアタックを自在に組み立て、20点台に到達させない文字通りの完勝で、待望の1勝を手にする。

<まさに「神様、仏様、ザイツェフ様」という言葉が似合うパフォーマンスだった>

 

 続く第4戦はホームのトレンティーノがOHマテイ・カジースキ(ブルガリア)の鬼気迫る最多20得点の奮闘で食らいつくも、計11本のブロックシャットをあげたルーベが勝利。中でもMBロベルランディ・シモン(キューバ)が5本のブロックポイントを含む、チーム最多20得点。昨季もプレーオフに突入後に破壊的なパフォーマンスを繰り出した“カリブ海の巨人”が、チームを2勝目に導く。ルーベが2勝2敗とした。

<カジースキ(奥)が見せる、大黒柱の姿>

 

====

◆《5位決定PO予選ラウンド》モンツァ 3-1 ヴェローナ

(25-23,17-25,25-13,25-16)

(現地4/23)

 ホームのモンツァはOPジェルジ・グロゼル(ドイツ)の最多23得点を含めて4選手が2桁得点をあげて、5位決定プレーオフで2連勝。対するヴェローナは頼みのOHロク・モジッチ(スロベニア)が3得点と沈黙し、第1セットだけで交代。OHアスパルフ・アスパルホフ(ブルガリア)が14得点と気を吐いたが、2桁得点が一人だけでは苦しかった。

<今季はCEVカップ2022優勝を果たしたモンツァ

 

++++

◆《5位決定PO予選ラウンド》チステルナ 3-1 ミラノ

(25-20,21-25,25-21,25-16)

(現地4/24)

 ホームのミラノは第2セットこそ奪ったものの、そのほかのセットは中盤以降で失速する展開。OHトーマス・ジェスキー(アメリカ)が最多16得点、OPジャン・パトリ(フランス)が13得点と続いたが、2連敗を喫する。チステルナはOHスティーブン・マー(カナダ)が、昨季まで所属した古巣を相手に27得点と暴れた。

<大当たりのときはアンストッパブルな活躍を見せるマー(奥右端)>

 

++++

◆《5位決定PO予選ラウンド》ピアチェンツァ 3-0 ターラント

(27-25,25-20,26-24)

(現地4/24)

 ピアチェンツァは第2セットでOHフランチェスコ・レチネ(イタリア)を、第3セットからSアントワーヌ・ブリザール(フランス)をベンチに下げながらも、しっかりとストレート勝ち。OPアディス・ラグンジラ(トルコ)が最多17得点をマークした。ホームのターラントはOHファブリジオ・ジローニ(イタリア)が最多17得点の健闘。

<ターラントのOH⑥ルイジ・ランダッツォ(イタリア)も要所で得点を重ねた>

 

イタリア・セリエA

==プレーオフ/準決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ●〇●〇 vs. モデナ〇●〇●

ルーベ●●〇〇 vs. トレンティーノ〇〇●●

 

==5位決定プレーオフ順位表==

1 ピアチェンツァ 20(勝ち点6)

2 モンツァ 20(勝ち点6)

3 ヴェローナ 11(勝ち点3)

4 チステルナ 11(勝ち点3)

5 ミラノ 02(勝ち点0)

6 ターラント 02(勝ち点0)

 

==レギュラーシーズン最終順位表==

1 ペルージャ 222(勝ち点67)

2 ルーベ 195(勝ち点57)

3 トレンティーノ 177(勝ち点53)

4 モデナ 186(勝ち点51)

5 ミラノ 1311(勝ち点41)

6 ピアチェンツァ 1212(勝ち点37)

7 モンツァ 1113(勝ち点31)

8 チステルナ 1014(勝ち点30)

9 ヴェローナ 1014(勝ち点27)

10 ターラント 816(勝ち点26)

11 パドヴァ 915(勝ち点24)

12 ビーボ・ヴァレンティア 717(勝ち点22)

13 ラヴェンナ 024(勝ち点2)

 

==プレーオフ/準々決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ〇〇 vs. チステルナ●●

モデナ〇〇 vs. ミラノ●●

ルーベ〇〇 vs. モンツァ●●

トレンティーノ〇●〇 vs. ピアチェンツァ●〇●

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

 

【関連記事】

大塚達宣(パナソニック)ベストパンサー率は40%超え! ファイナルステージ進出へ重圧も楽しむ

「自分からいいですか?」前嶋悠仁が憧れの浅野博亮さんに聞きたかったこと

パナソニックパンサーズ 大塚達宣のジュニア時代を恩師が振り返る「チームを引っ張れる選手だった」

 

 

 

pagetopbtn