gv-logo

JT広島 選手・監督・スタッフ計4名の退団を発表

  • V1
  • 2022.04.26

 V1男子のJTサンダーズ広島はエドガー・トーマス、陳建禎、原秀治監督、古田博幸コーチが退団することを4月25日(月)に発表した。

なお4名の今後については未定となっている。

 

 退団選手および監督・コーチの詳細は下記の通り。

 

【退団選手】

 

 

エドガー・トーマス(Thomas Edgar )

オポジット/身長212cm/1989年6月21日生まれ/オーストラリア出身/南クイーンズランド大→ボリーバル市クラブ

 

2017年にJTサンダーズ(現・JTサンダーズ広島)に加入。高い打点からのスパイクを武器に活躍し、17/18シーズンに得点王、準優勝した18/19シーズンには敢闘賞を受賞するなど勝利に大きく貢献した。

 

 

 

陳 建禎(チン・ケンテイ)

アウトサイドヒッター/身長190cm/1989年11月20日生まれ/チャイニーズタイペイ出身/台湾師範大→ヴォレアス→パナソニック

 

ヴォレアス北海道へ2017年に加入し、パナソニックパンサーズを経て2019年にJT広島に加入。攻守にバランスのとれたオールラウンダーとして活躍し、チームの勝利に貢献した。

 

 

【退団監督】

 

 

原 秀治(はら・ひではる)

監督/1965年3月22日生まれ/鹿児島県出身/鹿児島商高

 

1998年にJTサンダーズ(現・JTサンダーズ広島)のコーチに就任、2006年までチームを支えた。2019年、14シーズンぶりにコーチとして復帰し、2020年から監督に昇格、若手の積極的起用により多くの選手にチャンスを与え、チームを活性化させるなど底上げを行った。

 

 

【退団コーチ】

 

 

古田博幸(ふるた・ひろゆき)

コーチ/1971年10月22日生まれ/福岡県出身/直方高

 

パナソニックのコーチ、大分三好ヴァイセアドラーの監督等を経て2020年にJT広島のコーチに就任。豊富な指導経験を生かしチームの意識改革やメンタル面の強化などを行った。

 

【関連記事】

サントリー 鶴田らの引退コメント「ほんとうに自分は幸せものだと」

 

パナソニック 白澤健児と牧山祐介の現役引退を発表

 

パナソニックの久原翼が現役引退 女子日本代表コーチに

 

東レ 富松崇彰と鈴木悠二の勇退を発表

  • インターハイ2021

pagetopbtn