gv-logo

定期購読

古川学園の日本一へのキーパーソン 熊谷仁依奈&阿部明音対談【四国インターハイ女子】

  • 学生バレー
  • 2022.07.28

 

 

阿部はタピアに匹敵する高い得点力を発揮

 

――タピア選手はお二人から見てどんな選手ですか?

熊谷:明るくて、おもしろい。ムードメーカーみたいな存在です。

阿部:うん! みんなの笑いをとったり、盛り上がるときはほとんどアロンがいるよね。

 

熊谷:1年生のときも、自分たち同学年といるときは明るくて優しかったですが、日本語がまともにわからず、難しいことも多かったです。でも、同学年の私たちが教えたり、アロン自身もわからない言葉があったら携帯で調べたり、努力していました。

 

――昨年のインターハイからレギュラーとなり、プレー面の成長はいかがですか?

阿部:自分がやれば絶対に勝てるという思いを持っていると思います。今年の春高では、タイムアウトのときに「(トスを)持ってきたら全部決める」とみんなに言っていました。「もうそのレベルまで到達しているんだ」と思って自分は焦りましたが、だからこそ、タイムアウト明けには「アロンに持っていこう」とみんなで一つになって戦うことができました。自覚も芽生えて、すごく成長を感じます。

 

熊谷:大会になると、練習とは別人になるというか。アロンがキャプテンみたいに周りに声をかけて、トスも呼びます。プレーでも、精神な面でも変わったなと感じています。

 

――インターハイへの意気込みを教えてください

阿部:やっぱり目標は日本一です。そのためには、チームの目標であるコンビを完成させるために、一人一人が魂を込めて打ち込まないといけません。絶対日本一という結果を残して、こっち(宮城)へ戻ってきたいと思っています。

 

熊谷:自分たちが目標にしているところは上にありますが、そこだけを見すぎると足元をすくわれるし、県予選のように苦しい試合になると思います。一戦一戦、チーム全員が全力でバレーをして、最終的には目標を達成できたらと思います。

 

熊谷仁依奈

くまがい・にいな/3年/セッター/身長165㎝/最高到達点278㎝/仙北中(秋田)

1年生時からレギュラーを務め、7月の第21回アジアU20(ジュニア)女子選手権大会のメンバーにも選ばれた注目のセッター

 

阿部明音

あべ・あかね/3年/ミドルブロッカー/身長172㎝/最高到達点296㎝/小名浜一中(福島)

タピアに匹敵する得点力を発揮し、さくらバレーの優勝に貢献。後衛ではレシーブに参加するオールラウンダー

 

取材/田中風太

撮影/山岡邦彦、編集部

 

インターハイ選手名鑑付きの月刊バレーボール8月号は好評発売中‼

ご購入はこちらから

https://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000002101/

 

【関連記事】

【四国インターハイ2022】アジアNo.1の守護神がトップ【インターハイ出場キャプテンが選ぶ「すごいと思う選手」女子編】

 

【四国インターハイ2022】インターハイ、春高女王を抑え、1位に輝いたのは…?【インターハイ出場キャプテンが選ぶ「対戦したいチーム」女子編】

 

上村杏菜&德本歩未香(金蘭会) アジアNo.1コンビが目指す初の高校の頂点【四国インターハイ女子】

 

【次ページ】熊谷仁依奈、阿部明音、タピア・アロンドラその他の写真

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高

pagetopbtn