gv-logo

春高2024

昇陽が初優勝した前年に続き連覇 インターハイ出場を逃した洛南が準優勝【バレーボール近畿大会(男子)】

  • 学生バレー
  • 2023.07.26

 

令和5年度近畿高等学校バレーボール優勝大会兼第766人制バレーボール高等学校男女選手権大会(男子)は725日(火)に大会3日目を迎え、準決勝、決勝が和歌山ビッグホエール(和歌山)で行われた

 

 

優勝し、メダルを手に笑顔を見せる昇陽の選手たち

 

【画像】近畿バレーボール大会(男子)準決勝、決勝フォトギャラリー(22枚)

 

 前回大会王者の昇陽高(大阪)が、失セット0で頂点に立った。準決勝でインターハイ王者の東山高(京都)を下し、迎えた洛南高(京都)との決勝。第1セットは先にセットポイントを奪われるも、大鍋勇馬のクイックなどで踏ん張り、29-27と逆転した。続く第2セットは持ち味の堅い守りでボールをつなぐと、サウスポーエース小山海皇に頼らない攻撃を展開。25-13で危なげなく取った。

 昇陽高は3月の全国私立高等学校男女選手権大会(さくらVOLLEY)で初優勝。公式戦では高校生相手にここまで無敗で、87日(月)に開幕するインターハイ本戦に挑む。

 

 準優勝の洛南高は、ともに最高到達点340㎝超えの中上烈、草野叶嶺の両エースを軸に、スケールの大きな戦いを見せた。大舞台を逃したなかでセンターコートを戦った経験は、秋に向けて大きな財産になるだろう。

 ベスト4には東山高と清風高(大阪)が入った。インターハイで連覇が懸かる東山高は、本戦までにいかにチームの結束力を高められるか。春高出場を目指す清風高は、勝負どころで打ちきれるスパイカーが成長できるか。それぞれ宿題を持ち帰った。

 

 

準決勝敗退に終わった東山。本戦までの2週間で成長できるか

 

昇陽高 優勝コメント

齊藤拓海キャプテン

「絶対に負けられないと思いながらやっていて、去年よりもプレッシャーはありましたが、勝ちきることができてうれしいです。でも、僕たちが目指しているのはインターハイ優勝なので。失セット0で日本一になれるように、全員で勝ちにいきます」

 

25日の試合結果

【準決勝】

昇陽★ 225-1926-240  東山★

洛南 225-1826-240清風

【決勝】

昇陽★ 2(29-27、25-13)0 洛南

 

文・写真/田中風太(編集部)

 

 

【関連記事】

前回大会王者の昇陽、東山、清風、洛南がベスト4入り 準決勝は昨年度決勝の再現&インターハイを逃したチームどうしの対決に【バレーボール近畿大会(男子)】

 

全国私学大会王者の昇陽が2年連続の優勝 エース小山「絶対負けへん。今年は全部勝ちます」【インターハイ大阪予選(男子)】

 

洛南は悔しい準優勝も春高予選へつながる敗戦 細田監督「技術やチーム力は負けていない」【インターハイ京都予選(男子)】

 

前年度インターハイ王者の東山が宿敵を下して2年連続の本戦へ【インターハイ京都予選(男子)】

 

【次ページ】近畿バレーボール大会(男子)準決勝、決勝フォトギャラリー(22枚)

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn