gv-logo

春高2024

全国三冠が懸かる下北沢成徳高が高さを生かして圧倒 八王子実践高、共栄学園高とともに本戦へ【東京都春高予選決勝(女子)レポート】

  • 学生バレー
  • 2023.12.01

第76回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)東京都代表決定戦が11月19日(日)にエスフォルタアリーナ八王子で行われた。女子は下北沢成徳高が2年ぶり21回目、八王子実践高が9年連続46回目、共栄学園高が5年連続28回目の本戦へ。インターハイベスト16の文京学院大女高は春高出場を逃した

 

下北沢成徳高

 

下北沢成徳高

ブロック連発でライバルを寄せつけず

 

 昨年度は春高出場を逃した下北沢成徳高が、危なげなく全国三冠への挑戦権を得た。


 準決勝の相手は、日本代表の秋本美空を擁する共栄学園高。前年の3位決定戦で敗れていた相手だけに、当時1年生で出場していたミドルブロッカーの中田藍美は燃えていた。
「去年は相手の思うようにやられてしまったので。今年は少しでもブロックでプレッシャーをかけられるように、と思っていました」


 河俣心海との身長180㎝超えの高い壁で相手のスパイクを引っかけ、そこからセッター小山明がエースのイェーモンミャに頼らない攻撃を展開。ストレート勝ちで切符を手にした。


 続く決勝の八王子実践高戦でも、チームとしてブロックを連発。両セットで20点以下に抑える圧勝だった。リベロの内澤明未キャプテンは、「練習では体を合わせて跳んだり、かたちを意識してきましたが、後ろから見ていてそのとおりのブロックでした」と充実した表情を見せた。

 

 だが、全国三冠が懸かる春高に向けては、「もう一回鍛えるというか。最後まで成長し続けるチームでありたい」と鋭い眼差し。内澤キャプテン以外のレギュラーは2年生で、本戦ではさらに進化した姿を見せる。

 

全国二冠を成し遂げても、常に上を目指す

 

八王子実践高

苦しんできた3年生が奮起

今季初の全国へ



 八王子実践高にとって、今季初めてのうれし涙だった。準決勝でインターハイベスト16の文京学院大女高を破り、本戦の出場権を獲得。涙を流した平山倫歩キャプテンは「泣くつもりではなかったのですが、すごくうれしくて」と照れ笑いした。


 昨年度からレギュラーは総入れ替え。インターハイ都予選は3位に終わり、本戦出場を逃していた。3年生について、貫井直輝監督は「今年はスタートからあまりうまくいかなくて。結果を出せず、自信もありませんでした」と振り返る。

 

 下級生を起用する時期もあったが、シーズン終盤にきて3年生が奮起。今大会はリベロ以外を最上級生で固め、ミドルブロッカー平山キャプテンらを軸に得点を重ねた。平山キャプテンは「1、2年生に負けていられない、と底力を出して戦えてよかったです」と胸を張った。


 3年生は、新型コロナウイルスの影響で、中学3年生時にすべての全国大会が中止になった代。貫井監督は「初めて自分たちで勝ち取った全国大会。ワクワク、ドキドキしながら楽しんでもらえたら」と本戦でのさらなる飛躍を期待した。

 

#1平山キャプテンを中心に、3年生が奮起

 

共栄学園高

苦しんだ夏を越え

ディフェンス力も強化

 

 昨年度の春高を経験した2年生が主力を担う共栄学園高。だが、インターハイは都予選敗退で涙をのんだ。

 

 だからこそ、夏以降は誰もが“きつい”と口をそろえる時間を過ごした。「レシーブが上がらないと攻撃につなげられない」(橋本侑芽キャプテン)とレシーブ練習に励み、春高都予選最終日当日の朝にも実施。また、夏の敗戦の責を一身に負った中村文哉監督は重圧で不眠の中、その分を「分析にあてた」と都予選準決勝(対下北沢成徳高)に必勝を期した。結果として敗れたが、ここでは選手たちが発奮。髙橋愛由の発案で、「レシーブを上げた、トス、アタックが決まった!」と“勝利のイメージ”を共有するという初の試みでモチベーションを高めて、3位決定戦(対文京学院大女高)を制した。

 

 中村監督が誇るのは、「どの代であっても、日本一を目指す」こと。悔しさも、厳しい練習も、あとがない逆境も。乗り越えられたのは、「この結果に満足せずに常に向上心を持って」(橋本キャプテン)いたからだ。

 

苦しみながらも、春高の切符をつかんだ

 

19日の試合結果

準決勝

下北沢成徳高 225-1525-140 共栄学園高

八王子実践高 225-2325-170 文京学院大女高

 

決勝

下北沢成徳高225-1825-130八王子実践高

 

3位決定戦

共栄学園高225-2125-190文京学院大女高

 

文/田中風太(編集部)、坂口功将

写真/依田裕章

 

【関連記事】

男子は星城、女子は初出場の今治精華などが本戦出場 春の高校バレー予選がすべて終了【11/23・出場校一覧】

【下北沢成徳高2年生エース対談 イェーモン ミャ×後藤ビビアン愛音】全国二冠にも慢心はなし

「この日のためにやってきた」洛南高が5年ぶりの優勝 全国準優勝2度の東山高は涙の敗退【京都府春高予選決勝(男子)レポート】

【燃ゆる感動かごしま国体】少年男女最終日結果 下北沢成徳高がIHとの2冠を達成

■春の高校バレー 月バレ特設サイト

 

【次ページ】春高出場校一覧

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn