gv-logo

春高2024

VリーグV1男子 首位パナソニックが2位サントリーに連勝

  • V1
  • 2024.02.07

首位のパナソニックパンサーズ【写真:月刊バレーボール】

 

 バレーボールの国内最高峰リーグ、2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MENV1男子)のV・レギュラーラウンドは23日(土)、4日(日)にサントリーサンバーズ対パナソニックパンサーズの試合がおおきにアリーナ舞洲(大阪府大阪市)で行われ、パナソニックが2連勝を飾った。

 

【動画】パナソニックvs.サントリーのハイライト

 

 サントリーのホームで行われた試合は、首位を走るパナソニックと2位につけるサントリーの対戦とあって多くの注目が集まった。3日の試合は第1セットの競り合いを制したパナソニックが第2セット以降も連取してストレートで勝利。サントリーはブロック7本、アタック決定率は59.4%と高い数字を残したものの、パナソニックはサーブが効果的に決まって、アタック決定率は71.6%とサントリーを圧倒した。

 翌4日もパナソニックがサーブ9得点、サーブ効果率は14.7%を記録するなどサントリーを苦しめ、前日に続いてストレートで勝利を収めた。パナソニックのロラン・ティリ監督は「今日の試合はハイレベルで非常によかったと思います。何よりもサーブが素晴らしかった」とコメント。対するサントリーの山村宏太監督は「当然、現状に満足することはありません。この悔しい2連敗を糧に、日々の練習、これからの試合に取り組んでいきたいと思います」と雪辱を誓った。同チームの対戦は32日(土)、3日(日)にも控えている。

 男子は全チームが24試合を終え、首位パナソニックは連勝で2位サントリーと4勝差とし、V・レギュラーラウンドの優勝争いを1歩リード。すでに出場を決めているパナソニックに続くV・ファイナルステージ進出争いも目が離せない。

 

V1男子順位推移表(2月4日終了時点)

 

 

V・レギュラーラウンド試合結果]

■2月3日(土)

パナソニック ◯3-0● サントリー

■2月4日(日)

パナソニック ◯3-0● サントリー

 

 

■サントリー 髙橋結人の勇退を発表

■日鉄堺BZ 日本体大の一条太嘉丸の期限付き加入を発表

■Vリーグとヒュンメルがレフェリーウエアパートナー契約を締結

■富士通の岡村義郎がVリーグ230試合出場を達成

■トヨタ自動車の福島孝輝がVリーグ230試合出場を達成

 

【動画】パナソニックvs.サントリーのハイライト

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn