gv-logo

春高2024

VリーグV1女子 JTがV・レギュラーラウンド全勝優勝でV・ファイナルステージへ

  • V1
  • 2024.02.13

 バレーボールの国内トップリーグ、2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 WOMENV1女子)は211日(日・祝)にV・レギュラーラウンドが終了し、同ラウンドの順位が確定。JTマーヴェラスが220敗の成績でV・レギュラーラウンド優勝を飾った。このあとは上位6チームが224日(土)より始まるV・ファイナルステージでリーグ優勝を懸けて争う。

 

【動画】JT vs. 岡山ハイライト動画を見る

 

 JTは林琴奈、目黒優佳らの安定したサーブレシーブから、アンドレア・ドルーズ、サンティアゴ・アライジャダフニらの強力な攻撃へつなげ勝ち星を重ねると、1度も負けることなくV・レギュラーラウンドを終えた。攻守のバランスに優れ、チーム技術集計ではアタック決定率、サーブ効果率、サーブレシーブ成功率において1位だった。

 

 またV・レギュラーラウンドの記録により確定する個人賞も決定。得点王(最多得点)には東レアローズのシルビアチネロ・ヌワカロール、スパイク賞(アタック決定率)とブロック賞(セット当たりのブロック決定本数)にはJTのサンティアゴ、サーブ賞には同じくJTのドルーズ、サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)には久光の西村弥菜美が輝いた。

 

 なお過去には第6VリーグのNECレッドロケッツ(18勝)、2017/18シーズンの久光製薬スプリングス(21勝)、2020-21シーズンの東レ(21勝)がレギュラーラウンドで全勝している。

 

V1女子順位推移表(2月11日終了時点)

 

V1女子個人賞]

選手名

所属

記録

受賞回数

得点王(最多得点)

シルビアチネロ・ヌワカロール

東レ

538得点

初受賞

スパイク賞

(アタック決定率)

サンティアゴ・アライジャダフニ

JT

55.0 %

初受賞

ブロック賞
(セット当たり

ブロック決定本数)

サンティアゴ・アライジャダフニ

JT

0.87本

2年ぶり

2回目

サーブ賞

(サーブ効果率)

アンドレア・ドルーズ

JT

13.8%

4年ぶり

2回目

サーブレシーブ賞
(サーブレシーブ成功率)

西村 弥菜美

久光

73.6%

2年連続

2回目

 

 

■V Cupは新コートレイアウトで実施 ベンチは主審側に

■Vリーグとヒュンメルがレフェリーウエアパートナー契約を締結

■VNL2024の予選ラウンド対戦スケジュールが発表される 日本は女子がトルコ、男子はアルゼンチンと初戦

■東レ 井上奈々朱が今季限りでの現役引退を発表

■「こういうときだからこそ盛り上がる試合を」日立Astemo渡邊彩が石川県開催のVリーグへ誓い。東北出身アスリートとして

 

【動画】JT vs. 岡山ハイライト動画を見る

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn