gv-logo

春高2024

VリーグV1男子 サントリーがV・ファイナルステージ進出決定

  • V1
  • 2024.02.13

V・ファイナルステージ進出を決めたサントリー【写真:長尾里絵】

 

 バレーボールの国内最高峰リーグ、2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MENV1男子)のV・レギュラーラウンドは27日(水)〜11日(日・祝)に5会場で10試合が行われた。

 

【動画】WD名古屋vs.東レのハイライトをチェック

 

 サントリーサンバーズはAsueアリーナ大阪(大阪府大阪市)でジェイテクトSTINGS10日、11日に対戦。ドミトリー・ムセルスキーやアライン デ アルマスらの強力な攻撃と藤中謙也、藤中颯志らの安定したディフェンスで連勝した。この結果、V・レギュラーラウンド6位以上が確定し、パナソニックに続いてV・ファイナルステージ進出を決めた。

 V・ファイナルステージ進出争いは白熱。7位の東京グレートベアーズはアリーナ立川立飛(東京都立川市)にて平日夜開催のホームゲームで4JTサンダーズ広島と激突。7日はラファエル・アラウージョ、柳田将洋、内定選手である後藤陸翔が活躍もあって勝利し、6位東レアローズに2勝差と迫る。翌8日(木)の試合も柳田、アラウージョ、後藤が攻撃を引っ張ると試合はフルセットへ。惜しくも敗れたが、平日開催ながら両日とも2000人超えの観客を大いに沸かせた。

 6位東レは、3位ウルフドッグ名古屋とエントリオ(愛知県稲沢市)で対戦。10日はストレートで敗れたが、11日はサーブで攻めると切り返しの攻撃も機能する。クリスティアン・パダルが24得点、小澤宙輝が18得点、富田将馬が16得点をあげて、フルセットにもつれた試合をものにして連敗を阻止。激しくなるV・ファイナルステージ進出争いにおいて大きな1勝をあげた。

 

V1男子順位推移表(2月11日終了時点)

 

 

V・レギュラーラウンド試合結果]

■2月7日(水)

東京GB ◯3-1● JT広島

■2月8日(木)

JT広島 ◯3-2● 東京GB

■2月10日(土)

サントリー ◯3-1● ジェイテクト

パナソニック ◯3-0● VC長野

日鉄堺BZ ◯3-0● ヴォレアス

WD名古屋 ◯3-0● 東レ

■2月11日(日)

サントリー ◯3-0● ジェイテクト

東レ 3-2● WD名古屋

パナソニック ◯3-0● VC長野

日鉄堺BZ ◯3-2● ヴォレアス

 

 

■サントリー 髙橋結人の勇退を発表

■日鉄堺BZ 日本体大の一条太嘉丸の期限付き加入を発表

■Vリーグとヒュンメルがレフェリーウエアパートナー契約を締結

■富士通の岡村義郎がVリーグ230試合出場を達成

■トヨタ自動車の福島孝輝がVリーグ230試合出場を達成

 

【動画】WD名古屋vs.東レのハイライト

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn