gv-logo

春高2024

Vリーグ V1男子はパナソニックが開幕6連勝で首位

  • V1
  • 2023.11.06

パナソニックの大塚達宣【写真:月刊バレーボール】

 

 バレーボールの国内トップリーグ、2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MENV1男子)が開催され、114日(土)、5日(日)に合わせて10試合が行われた。

 パナソニックパンサーズはVC長野トライデンツを両日ともストレートで下し、開幕から6連勝、唯一負けなしで首位をキープ。4日の試合で24得点をあげた西田有志が5日は欠場したものの、代わって入った清水邦広が役割を果たし、選手層の厚さを見せつけた。

 東レアローズは三島市でのホームゲームで昨季王者のウルフドッグス名古屋を迎え撃った。4日はクリスティアン・パダルが攻撃を引っ張ると、富田将馬が攻守でチームを支えフルセットの熱戦を制して勝利。翌5日は「コンビネーションの精度が低く厳しい展開となった」と篠田歩監督が語ったように、WD名古屋に1-3で敗れた。

 

東レの髙橋健太郎【写真:月刊バレーボール】

 

 そのほかにはサントリーサンバーズ、日本製鉄堺ブレイザーズ、JTサンダーズ広島がそれぞれ土日で連勝を飾った。

 今季のV1男子は4回戦総当たり方式によるV・レギュラーラウンドを戦い、上位6チームがV・ファイナルステージへ進む。

[試合結果]

■11月4日(土)

サントリー 3-1● ジェイテクト

日鉄堺BZ ◯3-0● ヴォレアス

JT広島 ◯3-2● 東京GB

東レ ◯3-2● WD名古屋

パナソニック ◯3-0● VC長野

■11月5日(日)

サントリー 3-1● ジェイテクト

日鉄堺BZ ◯3-0● ヴォレアス

JT広島 ◯3-1● 東京GB

パナソニック ◯3-0● VC長野

WD名古屋 ◯3-1● 東レ

 

■東レ 渡辺俊介がVリーグ230試合出場を達成

■JT広島 山本将平がVリーグ栄誉賞の表彰基準に到達

■令和5年度天皇杯・皇后杯全日本選手権大会ファイナルラウンドの出場チームと組み合わせが決定

■大分三好 森田元希ら3選手の加入を発表

■パナソニック 内定選手として日本体大の池城浩太朗が加入

 

【動画】東レ対WD名古屋のハイライト

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn