gv-logo

定期購読

[イタリア22/23]第6節 モデナが連敗を3でストップ ラグンジラが26得点でMVP

  • 海外ニュース
  • 2022.11.10

 

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2022/23シーズン、やや出だしでつまずいたモデナはホームでチステルナとの一戦に臨みました

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■「勝ち点3に満足」とラグンジラ。モデナが4試合ぶりの白星

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第6節》モデナ 30 チステルナ

(25-15,25-19,25-20)〔現地11/6〕

過去12度のリーグ優勝を誇りながら、国内タイトルは18/19シーズンのスーペルコッパ以降、遠のいている名門モデナ。昨季からSブルーノ・レゼンデ(ブラジル)とOHイアルバン・ヌガペト(フランス)といった世界トッププレーヤーが名前を連ねる。名門復活を期す今季だが、開幕戦でパドヴァにフルセットの末に敗れると、第3節から黒星が続くこと3試合。前節を終えた時点での順位は11位と、ジャッロブル(イタリア語で黄と青)にふさわしくない状況となっている。

 

<リーグ屈指の得点力を誇る⑫ラグンジラ。トップ4での自身初のプレー>

 

 とはいえ、若手のOHトマッソ・リナルディ(イタリア)を先発で起用し続けるなど、我慢が続くか…。そうして臨んだ今節は今季好調のチステルナをホームに迎えての一戦。気を吐いたのはOPアディス・ラグンジラ(トルコ)だ。尻上がりに調子を上げて、サービスエースは5本をマーク。両チーム通して最多26得点を決めて、チームに4試合ぶりの勝利をもたらした。試合のMVPに選ばれたラグンジラは「チステルナのようなリーグ序盤戦でいい戦いを見せているチームが相手だっただけに、勝ち点3をとれたことに満足しています」と喜んだ。さぁ、ここから名門の逆襲が始まる…、か!?

 

*****

◆《第6節》ペルージャ 30 ミラノ

(26-24,25-22,25-18)〔現地11/6〕

 スーペルコッパを制したペルージャは、その際に負傷したOHウィルフレド・レオン(ポーランド)を温存。とはいえ、選手層の厚さは今季の強みだ。OHオレイ・プロトニスキ(ウクライナ)がサービスエース3本を奪ったほか、OPカミル・リキリチ(ルクセンブルク)が最多17得点、OHカミル・セメニウク(ポーランド)が11得点と続き快勝。

<試合のMVPに輝いた⑧リキリチ>

 

◆《第6節》ルーべ 31 ヴェローナ

(16-25,26-24,25-21,26-24)〔現地11/6〕

 ルーベのOPガビ・ガルシア(アメリカ)が話すに「第1セットは居眠りをしていた」とのこと。リーグ屈指の高さを誇るヴェローナに対し、ルーベは第2セットで5本、第4セットで4本のサービスエースを奪い、逆転勝利を収める。なお、ガルシアは最多26得点をあげて、試合のMVPに選ばれた。

<サーブに定評あるガルシア。チームを代表するオポジットになりつつある>

 

◆《第6節》トレンティーノ 30 モンツァ

(25-22,25-20,30-28)〔現地11/6〕

 アウェーのトレンティーノは第1セット途中でOHダニエレ・ラビア(イタリア)に代えて、OHドノバン・ジャボロノク(チェコ)を投入。「古巣を相手に初めての試合だったけれど、いいプレーができた」とジャボロノクは10得点、OPマテイ・カジースキ(ブルガリア)が19得点をあげて、ストレート勝ちを収めた。

<⑥スベルトーリの一時離脱もあれど、地力の高さを感じさせるトレンティーノ>

 

◆《第6節》ピアチェンツァ 30 ターラント

(25-16,25-19,25-23)〔現地11/5〕

 アウェーのピアチェンツァはOHイオアンディ・レアル(ブラジル)が最多16得点、OHリカルド・ソウザ(ブラジル)、OPユーリ・ロマノ(イタリア)が11得点と並び、ターラントを一蹴。チーム全体のアタック決定率71%という数字に、ロレンツォ・ベルナルディ監督は「セッターが優位に試合を運んだ」とSアントワーヌ・ブリザール(フランス)を褒めちぎった。

<セリエAでは3チーム目の⑨レアル。ピアチェンツァを上位に導けるか>

 

※第6節のパドヴァvs.シエナはコロナ禍のため、現地12月8日に延期

 

イタリア・セリエA レギュラーシーズン

==順位表/第6節終了時点==

1 ペルージャ 18pt(6勝0敗)-

2 トレンティーノ 13pt(4勝3敗)▲

3 ルーベ 12pt(4勝3敗)▲

4 ピアチェンツァ 10pt(3勝3敗)▲

5 チステルナ 10pt(3勝3敗)▼

6 ヴェローナ 8pt(3勝3敗)▼

7 モデナ 8pt(2勝4敗)▲

8 ミラノ 7pt(3勝3敗)▼

9 モンツァ 7pt(2勝4敗)▼

10 パドヴァ 6pt(3勝2敗)▼

11 ターラント 6pt(2勝4敗)▼

12 シエナ 3pt(1勝4敗)-

※記号は前節からの順位の推移

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

 

>>観戦のおともに必須!!<<

2022/23シーズン セリエA選手名鑑掲載の

『月刊バレーボール11月号』は好評発売中

世界最高峰の戦いをさらに味わえること間違いなし♪

お求めは【NBPオンラインショップ】までコチラ

 

【関連記事】

石川祐希が渡伊を前に会見 「今後のキャリアにとってとても重要なシーズン」

「このシャツを着るかぎりは…」ブラジル男子のブルーノが日本戦で6番を着た背景と節目の年に語ったプライド

男子世界選手権はイタリアがポーランドに逆転勝ちで4度目V

髙橋藍が出国 2年目のイタリア挑戦へ

 

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高

pagetopbtn