gv-logo

定期購読

パドヴァの髙橋 16得点もペルージャに敗戦

  • 海外ニュース
  • 2022.10.25

【Photo:Lega Pallavolo Serie A】

 

 髙橋藍の所属するイタリア・セリエAのパドヴァは現地時間10月23日(日)、レギュラーシーズン第4戦でペルージャとホームで対戦し、1-3(25-21, 12-25, 19-25, 18-25)で敗れ、今季2敗目を喫した。髙橋はスタメンで出場した。

 

【動画】第1セット、セットポイントでスパイクを決める髙橋藍

 

 多くの観客が詰めかけたキオネアリーナに、昨季準優勝のペルージャを迎えたパドヴァは第1セット、ドゥシャン・ペトコビッチ(セルビア)や髙橋のバックアタックでブレイク。その後、ペルージャのカミル・セメニウク(ポーランド)のスパイクで同点に追いつかれるが、ペトコビッチのサービスエースで再びブレイクに成功。髙橋はコンスタントに得点を重ね、迎えたセットポイントで202cmのセバスティアン・ソレ(アルゼンチン)と200cmのシモーネ・ジャネッリ(イタリア)のブロックを物ともせずに25点目を奪い、セットを先取した。

 

 第2セットはペルージャの反撃を受け3連続失点でスタート。ソレのブロックやオレイ・プロトニスキ(ウクライナ)のサービスエースなどでさらに点差を広げられてセットを落とす。第3セットはプロトニスキのスパイクでブレイクを許すと、ミスも出てリードを広げられるが、ペトコビッチのスパイクやアスパルフ・アスパルホフ(ブルガリア)のサービスエースなどで1点差に詰め寄る。そのあとサイドアウトが続くが、セメニウクの3連続サービスエースなどで突き放されたパドヴァはセットを落とした。

 

 第4セットは序盤、ペルージャの高いブロックに捕まりリードを許す。3-7で髙橋はサービスエースを奪い、続くサーブでも相手を崩し連続ブレイクに成功し2点差にすると、10-12で高橋がアタックを決めて1点差に迫る。しかしカミル・リキリチ(ルクセンブルク)にサーブやスパイクでブレイクを許して再びリードされると、このセットも奪われて敗れた。

 

 髙橋は、16得点(サーブ1得点を含む)、アタック決定率は65%、サーブレシーブ返球率は58%(内Aパス25%)だった。

 

 次戦、パドヴァは現地時間10月30日(日)18:00【日本時間31日1:00】から、ターラントとアウェーで戦う。

 

髙橋藍が出国 2年目のイタリア挑戦へ

 

髙橋藍は両チームトップの22得点 昨年王者ルーベから金星

 

髙橋藍 開幕戦スタメンを獲得し17得点でMVP

 

【次ページ】第1セット、セットポイントでスパイクを決める髙橋藍の動画

pagetopbtn